切文字工場TOP>カッティングシールの貼り方

カッティングシールの貼り方について

基本的な貼り方

カッティングシール最初の状態

①最初

これがお届する状態のカッティングシールです。

紙製のリタックシートがかぶせてあります。

カッティングシールの台紙をはがす

②下準備その1

裏返しにして台紙を折るようにしながら、半分すこしまでシール部分を台紙からはがしていきます。

シール部分の糊面には手を触れないでください。

カッティングシールの台紙を全部はがす

③下準備その2

半分すこしまでシール部分を台紙からはがしたら、元にもどして反対側から同じようにシール部分を台紙からはがします。

カッティングシールをセロテープでとめる

④位置決め

カッティングシールを貼る位置を決めてテープでとめます。

カッティングシールの台紙をとる

⑤貼りつけ その1

台紙をはがします。

カッティングシールを貼る面におく

⑥貼りつけ その2

貼りつける面にしわにならないように注意しながら下ろします。

※シール部分が一度触れると取れませんのでご注意下さい。
(大きいものを貼る場合は次に説明する水貼りをおすすめします)

カッティングシールの上からスキージでこする

⑦貼りつけ その3

ゴムのへらやスキージを使ってしっかりと貼りつけます。


カッティングシール貼り付け用のスキージを販売しています。ご希望の方はこちらをご覧ください。

リタックシートをはがす

⑧貼りつけ その4

リタックシートを折り返すようにしながらはがします。

カッティングシールが貼れました

⑨完成

完成です

大きいカッティングシールを気泡が入らないように貼る 水貼り

カッティングシール水貼り①

①用意するもの
霧吹き・スキージ・タオル(霧吹き、スキージはホームセンターなどで売っています。)
スキージは自動車用フィルムコーナー、霧吹きは園芸コーナー等) 霧吹きに水を入れ、台所用洗剤(ママレモン等)を1~2滴入れて混ぜます。
  (振ったときに軽く泡立つ程度、入れすぎに注意)

カッティングシール水貼り②

②仮止め
カッティングシールを貼り付ける面に片側をテープで仮止めします。
(画像は見やすいように赤いテープですがセロハンテープでOK)

カッティングシール水貼り③

③台紙を剥がす
 裏返して『基本的な貼り方』と同じく台紙を剥がします。

カッティングシール水貼り④

④接着面に霧吹きする
カッティングシールを貼る一面に霧吹きし、素早く霧吹きした面に戻します。

カッティングシール水貼り⑤

⑤水を押し出す
スキージで霧吹きした水分を絞りだします。
中央からまわりに向かってスキージでこすり水を出してください。

※カッティングシール貼り付け用のスキージを販売しています。ご希望の方はこちらをご覧ください。

カッティングシール水貼り⑥

⑥リタックシートをはがす
リタックシートを鋭角に引っぱりはがします。

※ガラス面にはる場合はうまく水分が抜けずにリタックシートをはがそうとするとカッティングシールが一緒にはがれてきてしまう場合があります。
そういった場合はリタックシートをはがさずに1時間~半日ほど置くと水分が蒸発し、リタックシートを簡単にはがすことができます。

カッティングシール貼り付け完成

⑦完成
完成です。水分がカッティングシールの下に残っている場合でも1週間程度で自然に抜けます。